2008年05月31日

地域力連携拠点事業

 昨日、中小企業庁が今年度から行う新規事業として、「地域力連携拠点事業」というものが全国一斉にスタートしました。
 これは、全国で316の地域力連携拠点が中核となり、地域支援機関をグループ化・集約化して中小企業に対しワンストップサービスを実施するというものです。

 これまでにも、全国各地の商工会議所や商工会、地方自治体等が実施している中小企業の支援窓口がありましたが、基本的には「縦割り」であり、これら相互のヨコの連携はほとんど取れていなかったと言えます。今回の政策は、これら各機関のヨコの連携もはかり、いわば「面」としての中小企業支援体制を打ち出したものです。

 そして何よりも目新しいのは、これら「連携拠点」の中に、従来からある商工会議所などのほかに、民間の金融機関や株式会社・NPO、さらには農協(全国で5つ)までもが採択されていることです。
http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/080520chikikyoten.html

 つまり、中小企業政策の担い手に新たなメンバーを加え、異業種・産業間交流を図ることによって地域経済の活性化を推進しようというわけです。これは、今までの国の施策とくらべると、かなり野心的な試みと言えそうです。

 ただ、初めての取組みなだけに、半官半民的な組織と民間組織との「文化の違い」から、スムーズな連携が図られるようになるには、しばらく時間がかかるかもしれません。
 このように書いている私も、今回の政策の一翼を担う立場ですので、趣旨をよく理解し、成果を挙げられるよう、各拠点や機関との連携に努めて参りたいと思います。


posted by のほほん at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。