2007年08月26日

グーグル・宇宙の旅

 「2001年宇宙の旅」という映画がありました。日本では、アメリカでの初公開の10年後1978年に上映されたようですが、私はその後しばらく経ってからテレビで放映されたのを見た記憶があります。
 類人猿(?)が未知の物体と遭遇するようなシーンで始まり、しばらく何の説明もないような映画で、「よくわからない…」というのが正直な印象でした。
 それもそのはずです。この映画の原作者アーサー・クラークは、「もし、この映画が一度で理解されたら我々の意図は失敗したことになる」と言っていたそうです。そして監督のスタンリー・キューブリックは、そのようにこの映画を作ることに努めたようです。

 さて、先日、グーグル・アースで星空が見られるようになったとの発表があり、早速今日、ダウンロードして試してみました。発表内容は、下記をご覧ください。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=168060&lindID=1
 これで、「グーグルで“宇宙旅行”ができるかも知れない」と期待したのですが、ちょっと欲張りすぎたようです。さすがに、私が期待したほどにはなっておりませんでしたが、それでも、これまでにはなかったサービスであることに違いはありません。

 グーグル・アースで見ていた地球上の地点の、上空の星空に切り替えができるようになっており、そこから、星座やハッブル宇宙望遠鏡でとらえた惑星の写真を見ることができます。
 またクリックすると、英語ですが解説を読むこともできるようになっております。このサービスは、小中学生に理科や社会(地理・歴史等)への興味を引き出すには有効ではないかと思います。
 先ほど「期待したほどではなかった…」と書きましたが、私自身が天文学等への基礎知識が少ないからということも言えそうですので、誤解されぬようお願いします。



posted by のほほん at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。