2007年08月13日

出版した起業家

 先日、1冊の本が贈られてきました。著者であるYさんは、3年ほど前に開業した女性起業家です。たまたま「創業塾」でビジネスプランのアドバイスを私が担当させていただいた方でした。
 彼女は、ご自分で有限会社(当時)を設立しました。その経験を1枚のCDにまとめ、実費程度で希望者に頒布しておりました。そのCDを参考に1週間程度で会社設立が出来た人もいたようです。
 その話題がマスコミの眼にとまり、新聞で紹介されました。2年前の話です。ご本人は、会社設立を業とすべく開業したわけではありませんでした。しかしやはりマスコミの威力は大きなものがあり、CDは結構売れたようです。

 そして昨年、ある出版社から「本を出さないか」と声がかかりました。会社法が施行されたのに伴い、新法に沿った会社設立の手続きを書いてほしいとのことでした。私は「願ってもないチャンスなので、是非おやりなさい」と勧めました。
 途中で1度状況を聞く機会があったものの、しばらくは音信不通のような状態が続きました。そして先日、現物が送られてきたというわけです。
『ママさん社長がやさしく教える会社設立のてびき』というタイトルで、翔泳社から発行されていました。

「あと半年くらい早く出版できればよかっただろうな」とは思いましたが、ご本人にしてみれば必死に原稿を書いたのだろうと思います。
 中身は記入事例と雛形のCD付きで、なかなかの出来映えでした。少し残念に感じたのは株式会社の設立事例が中心であったこと。合同会社については盛り込まれておりません。 
 しかし、従来の有限会社(特例有限会社)を新法の株式会社に変更する手続きについても触れられており、必要な方には参考になる本だと思います。創業塾の講師を担当して8年くらいは経つと思いますが、本を出版されたのはYさんが初めてでした。Yさんのますますのご活躍を願っております。


posted by のほほん at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。