2007年07月20日

特別補講?

 今となっては、随分昔の話です。道内では多分知らない人はいないであろう大手企業の子会社で、社員研修を担当させていただいたことがありました。一度やったところ気に入られ、2年、3年とリピートオーダーを頂きました。
 その会社自体は30名ほどの規模でしたが、よくある話で、社長は親会社から来た人でした。
 2日間の研修でしたが、初日の朝、社長が挨拶に見えられ、しばらく研修状況を見学されたあと帰って行かれます。後日、研修結果をご報告に上がるのですが、なかなか社長には会えません。大抵、研修担当部長に報告して終わりとなります。
 研修は確か4年ほど続いたと思いますが、そのうちに社長は定年で退職されたと伝え聞きました。

 2ヶ月くらい経った頃、直接その元社長から電話があり、「おじゃましたい」というのです。それまで一度もそんなことはなかったのに、わざわざ訪ねて来られました。
 そして「あの研修のテキストを見せて欲しい」と言います。1冊差し上げると、「この部分はどういうことであったか?」と、要所要所を質問されました。
 なんだか研修の補講をしているような気分でしたが、限られた時間で精一杯説明させていただきました。
 「いや〜、よくわかりました。ありがとうございます」と述べた後、「実は、来月から○○大学で経営学を教えることになりまして…」と言うのです。
 なんのことはない、ご自分の講義ネタを仕入れに来られたのでした。


posted by のほほん at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。