2007年06月30日

IT活用は経営者から

 世界最先端のIT国家になるという「e-Japan戦略」を2001年1月に掲げて取り組んできた結果、今や我が国のインターネットインフラは世界トップクラスの速度と低価格を実現し、2006年のEC(Electronic  Commerce)市場は約3兆8,000億円で世界第2位の規模になったと言われております。
 一方、我が国のIT活用は、依然として国際的にみて遅れているとも言われております。その理由として、ITユーザ(とくに企業経営者)はITの知識に乏しく、逆にITベンダーは、企業経営に関する知識が乏しいということが挙げられております。
 そこでITユーザー、 ITベンダー双方の事情に通じた豊富な実務経験を持ち、経営者の立場に立って経営とITを橋渡しし、 真に経営に役立つIT投資を支援できるプロフェッショナルとして、「ITコーディネーター」という有資格者が存在します。
 しかし残念ながら、その有資格者の多くはITベンダーに属する社員であったりするため、経営者の立場に立って提案できる“独立系”ITコーディネーターは少ないようです。

 先日、その“少ない1人”とお話しする機会がありました。私の関心は、ITコーディネーター資格制度が2001年度にスタートして以来、その目的の達成状況はいかほどであるか、ということでした。
 彼の答えは、「前進はしているが、そのスピードは遅い」というものでした。「逆に、状況が悪化していると思われる部分もある」とのこと。それは何かというと、「企業人のコンピュータリテラシーが二極化しだした」というのです。
 ひと頃“デジタルデバイド”という言葉が話題となりましたが、その当時とも少し違うのは、若手社会人にパソコンを使えない人が増えていることだそうです。つまり、携帯電話のリテラシーは高いのですが、パソコンでは仕事ができないというのです。
 「需要が一巡したかに見えたパソコン教室で、若者向けにWORD・EXCELといった業務用アプリケーションソフトのリテラシー教育を再度強化する必要があるのでは?」とも言っておりました。

 ところで私には、1台100万円もするビジネスパソコンを、こぞって先進的経営者たちが使い始めた1981年当時のイメージが想い起こされます。あれから四半世紀が過ぎ、ハードウェアの性能は多分1000倍以上、そして価格は十分の一以下になっております。
 さぞや高度な活用ができているはずと思うのですが、巷を見るとそうは感じません。そこで、先述のITコーディネーター氏に確認してみたというわけです。私の話に対して彼が言った結論は、「ITリテラシー以上に、経営者に情報リテラシーがあるか、さらに言えば、経営戦略があるか?ということだね」とのことでした。これには私も同感しました。
 “ITの戦略的活用”を求めるならば、まずはその“戦略”がなければならず、我が国の中小企業経営者にはとくにこの「戦略面の強化」が必要だと思われます。そして、その戦略実現のためには、経営者自ら意思決定にITを駆使することがポイントになるでしょう。


posted by のほほん at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。