2007年06月21日

三行提報

 たぶん、「さんぎょうていほう」と読むのだろうと思います。バーコードなどの自動認識技術で世界をリードする株式会社サトーの社内で実践されている、独自の社内情報共有システムとのことです。『経営予測エイジ』の6月号で紹介されていました。
 ネットで検索したところ、経済産業新報社が3年近く前に、株式会社サトーの代表取締役CEOである藤田東久夫氏へインタビューされた記事が見つかりましたので、ご覧ください。 http://www.keizaishinpo.jp/news/041115/041115d.htm

 この制度は、同社のホームページでは、「サトーの文化」の項の第一番目に、“「人」が生み出す付加価値 − 三行提報”として紹介されております。
http://www.sato.co.jp/company/culture.html#01 
また、「サトーのエスプリ要約」の中にも“11. 現場主義と三行提報”として説明があります。 http://www.sato.co.jp/company/standard4.html

 よく、“社風”とか“企業文化”が話題となることがありますが、株式会社サトーの例は、“三行提報”という独自の手法で、強く良好な企業文化を構築した好事例と言えますね。


posted by のほほん at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。