2006年10月30日

不可能の対義語

 「余の辞書に不可能の文字はない」と、ナポレオン・ボナパルトは口癖のように言っていたそうですが、今朝の新聞(確か…)で、「不可能の反対語は可能ではない…」という文章を見かけました。今、ブログを書こうとしたとき、不意に思い出し、気になりました。
 そこで、調べてみると、「不可能の反対語は可能ではない。挑戦だ」という言葉を黒人初のメジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンという人が語ったとのこと。
 この、反対語のことを対義語とも言います。そして、対義語と混同しやすい言葉に否定語があります。先ほどの「不可能」に対する「可能」や、「満足」に対する「不満足」と言った言い回しがこれにあたります。

 ジャッキー・ロビンソンの例もそうですが、言葉の使い方として否定語よりも対義語を用いたほうが、新たな発見や行動に結びつき易いように思います。
 数年前に「勁草塾」を主宰されている坂上浩氏のマーケティングに関するセミナーを受講する機会がありました。その際、坂上氏は「“満足”に対する反対語は何か?」と質問され、「それは“失望”である。“不満足”は否定語であり、否定語を用いているうちは有効な対策は浮かんでこない」と述べられていたことを思い出しました。


posted by のほほん at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。