2006年10月05日

教育は命がけ

 今でもやってはおりますが、駆け出しの頃は、社員研修や訓練といったことが仕事のメインとなっていました。本当に、もう遠い昔の話と言ってもよいのですが、たまに、ふと思い出すことがあります。
 それは、私がマネジメントゲームという教育訓練の公開講座をしていたときのことでした。受講者に混じって、体型はいかついのですが見るからに元気がなく、なんとなくアンバランスな人がおりました。午前中の講義を終え、昼食後、その人が近寄ってきて、「私も色々指導していたことがある」と言うのです。
 どんなことをしていたのかと尋ねると、「地獄の○○訓練」の教官だったというではありませんか!私がそのときやっていた講座は、どちらかというとそれとは正反対のようなタイプの教育訓練でした。「午前中の講義で、その訓練の悪口を言わなくてよかった〜」と、内心胸をなでおろしたものです。
 その人は今はその教官を辞め、目下私の講座を受講しているわけですが、なぜ教官を辞めたかというと、「身体を壊した」とのこと。教育訓練の教官もラクではありません。



posted by のほほん at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。