2008年12月06日

原材料価格高騰対応等緊急保証制度

 この制度は、8月末に政府与党が決定した「安心実現のための緊急総合対策」に基づき、10月末からスタートしておりますが、11月半ばに指定業種を追加し拡大された618業種に該当する中小企業(個人事業主を含む)が、民間金融機関から融資を受ける際に信用保証協会が通常の保証限度枠とは別枠で保証するというものです。

この制度の対象となるには、次のいずれかに該当する必要があります。
@指定業種(618業種)に属する事業を行っており、最近3か月間の平均 売上高等が前年同期比マイナス3%以上の中小企業者。
A指定業種(618業種)に属する事業を行っており、製品等原価のうち
 20%以上を占める原油等の仕入価格が20%以上、上昇しているにもか かわらず、製品等価格に転嫁できていない中小企業者。
B指定業種(618業種)に属する事業を行っており、最近3か月間(算出 困難な場合は直近決算期)の売上総利益率又は平均営業利益率が前年 同期比マイナス3%以上の中小企業者。

 上記に該当し、この制度を利用しようとする場合、事業所(本店)所在地の市町村の商工担当課等の窓口に、指定の申請書2通を提出し、認定を受けなければなりません。
 その後、希望の金融機関(又は所在地の信用保証協会)にその認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込むことになります。
 なお、認定書の様式は市町村によって微妙に違うことも考えられ、上記@〜Bのいずれによるかで、様式も変わるようです。

 たまたま先日、この制度を希望する企業からの相談があり、所在地の担当部署に連絡したところ、担当者のはずの方がこの制度を知らなかったり、様式の準備もこれからといった状況に出くわしました。
 市町村の認定が取れたとしても保証の有無は保証協会の審査で決まりますし、さらに金融機関での対応にも若干左右されるかもしれません。
 したがって、「国がアナウンスしているほど現場では簡単にはいかない」ということを踏まえたうえで手続きに臨む必要がありそうです。
詳細は→ http://www.hkd.meti.go.jp/hokic/kinkyu_hosho/index.htm


posted by のほほん at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。