2008年07月29日

警察官に追われた話

 まず最初にお断りしておきますが、これは私のことではありません。最近、住宅建築や土木工事の大手建設会社(いずれも頭文字はK社)が破綻し、また、冷凍食品の分野でも名の知れた会社が民事再生法を申請するなど、道内経済界にも暗雲が垂れ込め、なかなか「笑える話」がない状況です。
 何か面白い話はないかと考えていてふと思い浮かんだのが、これから述べる話なのです。
そんなわけで、経営相談に関連した話とは違いますが、この6月に聞かされた話を書きます。

 ある妙齢のご婦人が、自転車に乗って職場へ向かっていました。信号が赤になったため、交差点で止まり、青になったからまた走り出したときのこと。若い男性に呼びとめられたそうです。
「何、この人、ヘンな男」と思い、振り切るように自転車を走らせると、その若い男は必死の形相で追いかけてきて、ついに止められたそうです。
 そして、やおら警察手帳を目の前に突き出し、「その自転車は誰のものだ?」と尋ねたとのこと。そう、若い男性は私服警察官だったのです。
 彼女は当然ながら「私のです」と答えました。すると、「盗んだものではないのか?鍵がついていない」と詰め寄られました。彼女が乗っていたのはN社製の自転車で、サドルを立てるようにすると鍵がかかる仕組みになっているものでした。そのことを伝えても分かってもらえず、急いでいたけどしょうがないので、わざわざサドルを立てて鍵をかけて見せたとのこと。それでその若い私服警察官は納得し、開放されたというのです。

 彼女は急いで職場に向かいました。しかし、どうにも気持ちが治まりません。腹立たしくて悔しくて、職場とは別の方角にあるススキノ交番へ怒鳴り込みました。
 「これこれしかじかで職場に急いでいたところ、大衆の面前で追いかけられ止められてドロボー呼ばわりされた。おまけにこの様な鍵の自転車があることもわかっていない!もっとちゃんと教育しておけ!・・・」とまで言ったかどうかはともかく、それに近い剣幕で交番のお巡りさんに噛み付いたそうです。
 中年のお巡りさん曰く「すみませんねぇ、うちの若い者が大変失礼しました。何せサミットを控え、色々と警戒を強めていたこともありまして・・・」とのこと。
 彼女はそうした出来事を私に訴えながら、「あのアンちゃん警官はテレビドラマの見すぎなのよ。それで、警官になってドラマのように警察手帳を突き出したんだろうけど、あんなにいきなり目の前に突き出されても、とっさには見えないし、何のことかまったく分からなかった。今でも腹が立つ!」と私に訴えるのでした。

 宮本信子という女優をご存知と思います。故、伊丹十三監督の妻であり、「マルサの女」や「スーパーの女」などで主演を演じた人です。
警察官に追われた彼女は、雰囲気としてはちょうどあの宮本信子に似たイメージで考えていただければいいと思います。また、若い私服警察官ですが、彼女を追いかけている場面を私は映画「ターミネーター2」などでアーノルド・シュワルツェネッガーを追いかける警官=ロバート・パトリックの走りをイメージしました。
 シュワルツェネッガーの代わりに自転車に乗った宮本信子がターミーネーター(T−1000型)に追いかけられているシーンです。そして、それに腹を立て、宮本信子おばさん(失礼!)が、交番で中年警察官に文句を言ったという話。
 たとえて言えばそんなイメージですが、これは今でも思い起こすと、私はつい笑ってしまうのです。(本人にとってはまったく笑えない話ですが・・・ほんとうにお気の毒さまでした。)


posted by のほほん at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。