2008年06月28日

エンドユーザー・コンピューティング

 サーズ(SaaS:Software as a Service)を活用したエンドユーザー・コンピューティング(End User Computing、以下EUCと略記する)が広がるのではないかという予想があるとの話を聞きました。私は、それは一面正しいとも言えるが、それだけではEUCとしては不十分と感じます。
 サーズ(SaaS)とは、ユーザーがソフトウェアの必要な部分だけを利用し、利用した分だけ料金を払えばよいとするサービスで、必要な部分をダウンロードして使う方法と、オンラインでサーバ上で利用する方法とがあるようです。
 一方、EUCですが、この言葉はしばらく“死語”となっていたような印象を個人的には持っております。Windows95が出て1〜2年経ったころに話題になったのではないかと記憶していますが、多少ずれているかもしれません。時期はともかく、個人的にはこの言葉に魅力を感じ、中小企業でそうした側面で成果が現れることを期待もしておりました。
しかし、残念というべきか、コンピュータ業界が横文字を掲げて騒ぎ立てるたびに期待を裏切られてきたことの繰り返しのひとコマだったような気がしております。

 以前にも書いたことがありますが、私自身はコンピュータのプロではなく、たまたま1982年当時、PIPS(ピップス)という、今で言うところのEXCELのようなソフトウェアに出会った影響がとても大きく残っている人間です。
 ですから私のなかでのEUCのイメージは(少し偏っているかもしれませんが)、今で言えば企業現場の一人一人がEXCELを戦略的意思決定に使いこなし、成果を上げている姿と言えます。その視点でSaaSを考えたとき、そこにはやはり少し物足りなさを感じざるをえません。ただ、それはやむを得ないとも理解できます。ここでSaaSの悪口を言うつもりもありません。
 言いたかったことは、なぜ日本では、製造部門以外の生産性が低いと未だに言われるのだろう?ということについてです。アメリカあたりからは、「日本はもっとIT化(事務部門などの?)を進め、生産性をあげるべきだ」という論調があるやに聞いております。
そしてこのことは、当の日本においても「そのとおり」と考えられているフシはあると思います。にもかかわらず…現実はちっとも進んでいない…ように私には見えるのです。

 EUCと言ったとき、その中心的機器はやはりパソコンだろうと思われます。そのパソコンの使い方を変える必要がありそうです。別な言い方をすると、パソコン教室での教え方を変えなければならないような気がします。もちろんこれまでどおり、WORDやEXCELの基本的な使い方を教えることは必要ですが、どうもその段階で止まっているのではないでしょうか。
 それは、コンピュータリテラシーを養う点では一定の成果が認められますが、パソコンを使って成果を上げるには情報リテラシーを身につけさせる教育が必要と言えます。情報リテラシーとしては、インターネットと検索エンジンが発達したおかげで、情報収集についてはかなり進んだのかもしれません。しかし得た情報を評価し、それらを組み合わせて新しい有用な情報を生み出したり、それによって意思決定し戦略的な行動に繋げる部分は、まだまだ課題として残されていると言わざるをえません。
 結局、EUCで成果をあげるには、コンピュータリテラシーに加えて情報リテラシー、そしてそもそも現場でコンピュータを使う本人が、自分の仕事として何をしなければならないか?をよくわかっている必要があるということです。ここをクリアしていかない限り、日本の、とくに事務部門の生産性向上は進まないように思います。


posted by のほほん at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。