2008年10月26日

ハプニング

 昨夜、(日にちが変わったので一昨日になりましたが・・・)知人と長期出張からの帰りに思わぬハプニングとなりました。
 夜7時頃、夕食を食べようとファミリーレストランの看板を見つけ駐車場に入って行ったところ、歩道から駐車場敷地に入るあたりで前輪が脱輪、動けなくなりました。
 何事かと思い車を降りてみると、なんと隣の敷地との境目あたりが掘られていて道に段差ができているではありませんか! そのファミレスの隣地が、建物が撤去され更地になっていたのですが、工事直後のせいか、駐車場に進入しようとするあたりには特に注意書きの看板や柵はありませんでした。

 車道からの進入路は、厳密にはその更地への入口にあたるようですが、車の進行方向からみて、通常であればそのファミレス駐車場への入り口としても自然な流れの位置にあり、夜暗くなっている中で、ファミレス駐車場入口を示すネオン看板を目印に進入するには当然の場所と思われました。
 FF車の前輪が両方とも脱輪し、いわゆる「腹がつかえた」状態になったため、多少押してもどうにもなりません。しかたなく、JAFのお世話になりました。

 それにしても、この責任は誰が負うのでしょうか?利用しようとした目当てのファミレス駐車場のメイン入口は、ほかにありました。ファミレスにしてみれば、更地となっている隣地への進入路との境に何らかの注意書き等を設置させるよう隣地の所有者に申し出るのもどうか?といった微妙な状況のようでした。
 道路そのものが陥没しているわけでなく、道路から私有地になった部分の段差であり、道路の管理者に責任があるとも言えないようです。

 その更地の所有者にしてみれば、確かに自分の土地への進入路にあたるとはいえ、建物が取り壊されて広い場所が更地になっているわけだから、関係者以外はそこへ進入する理由はなく、敢えてそこに侵入するなら、前方の段差に気づかないのは「“前方不注意”の運転ではないか」との主張もできそうな気がします。私有地部分で起きたトラブルですから、警察としては関知しない案件になりそうです。結局、レッカー代は「自分たちの損」となってしまいました。

 それにしても、納得いかない思いが残りましたので、そのファミレスの人に事情を話し、隣地の所有者が分かるなら教えてもらおうとしましたが、「わからない」との返事。しかし、そのファミレスにしても、このまま放置しておけば、また私たちと同様に脱輪する客が発生する可能性もあります。そのことを店の責任者らしき人に告げると、「自分達には関係ない」ような顔をされました。結局、そのファミレスで夕食をとる気もなくなり、別な店に行ったのでした。こんなところにも、客を逃がす要因が潜んでいます。いくらマニュアル対応のファミレスとはいえ、あの程度の人を責任者としておく店は発展しないだろうなと思わされたハプニングでした。


posted by のほほん at 01:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。