2008年08月25日

過ぎたるは及ばざるより悪しき

 「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」は、孔子が弟子の質問に答えた際の言葉(論語:先進篇「過猶不及。」)とのことです。

 実は先日、このような言葉がまさに当てはまる、いや、それ以上に悪いと思われる相談に出くわしました。
 相談者は、5年ほど前にネットショップを立ち上げた方です。もしかしたら以前にこのブログにも書いたことがあったかもしれません。北海道の地場産品を楽天市場で販売すべく開業しました。楽天の担当者に励まされながらがんばり続けて約2年。「ようやくなんとか生活できるレベルになりました!」との報告を受け、一緒に喜んだ記憶があります。
 それから半年後くらいに、「東京のある方の協力のもとに、リアル店舗を持つ」との相談があり、そのときは、これまで扱えなかった珍しい輸入品も取り扱えるので、発展の可能性が感じられました。それからというもの、彼の行動は素早く、分不相応と思われる規模の店舗物件を借りる契約を早々と済ませました。また、彼を慕っていた以前の職場の後輩を呼び寄せ、雇用しました。
 いよいよ開店という矢先、トラブルが起きました。東京の協力者とは絶縁状態となりましたが、彼はなんとか独力で分不相応の店を切り盛りしようと突っ走りました。しかし、長くは続かず、1周年を迎えた直後に閉店を知らされました。

 それからさらに半年くらい経ったころ、また私に相談がありました。「また店を持ちたい。今度は卸しの拠点も借りるつもりだ」というのです。
 しかし彼は、融資が受けられないでおりました。私は反対しました。彼が「良い物件を見つけた」と言った店は、私もよく知っている場所にありました。小売するには決してよい立地とは思えません。
 これに加えて別な場所に加工・卸し業務の拠点をも借りようとしており、銀行が融資を渋るのは当然といえる状況でした。私は、「2箇所同時に手を出すなんてもってのほか」「ネット販売で生活できるレベルの売上があるのであれば、それに注力し、店を出すのはある程度態勢を立て直してからにしなさい」と助言しました。
 しかし、とにかく前に進むことしか考えない人でした。「早く決めないと物件が他人に借りられてしまうから」と、融資の目処が立たないうちに、店舗の賃貸契約の話を進めたようです。両手の指が必要なほど金融機関に借り入れを申し込み続けました。私は基本的に反対していましたので、融資の相談には乗りませんでした。
 そうこうしているうちに、また連絡があり、「奇跡が起きた!」というのです。信用保証協会で以前にお世話になった人が、「自分が転勤する前になんとかしてあげる」と言って保証をつけてくれたというのです。「どこまで運が強い人なんだろう」と驚きました。

 しかし私はそれ以来、彼の新しい店には一度も行きませんでした。それからさらに3ヶ月くらい経った先日、突然彼が相談に来ました。
 「思ったほど、売上が伸びない。金が足りない」というのです。私は何も言いませんでした。「それ見たことか。だからあのとき反対したでしょ!」と言いたい気持ちはありましたが、そんなことを言っても何も変わらないからです。それに、彼自身、そのことは十分わかっているはずですし、私に怒鳴られることを覚悟でやってきたのだろうとも考えました。
 ところが、彼が次に口にした言葉は、予想外のものでした。てっきり借入の相談に来たと思ったのですがそうではなく、「新しい事業を始めたのだが、売り方がわからない」というのです。そのビジネスは利幅が大きく、彼はどうやら「一発逆転」を狙っているようでした。
 残念ながら、私にはその新商材を売る妙案はありませんでした。今の彼には、とにかく前に進むしか手がありません。「引き返す」限界点を超えてしまったと思われます。
 数ある相談のなかには、今回のように本当に深刻な内容にもいくつか出くわします。そんなとき私は、「これがその人の運命・生き様なのかもしれない」と思わざるをえなかったりするのです。彼を慕って入社した後輩は、とっくに解雇せざるを得ませんでした。あとで分かったことですが、彼は奥さんからも愛想をつかされ、離婚しておりました。二人で力を併せ、楽天市場のショップを軌道に乗せるところまでは良かったのですが・・・。
 「前に進むことだけを考え、引くことを知らない人」は、「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」どころか、「過ぎたるは及ばざるより悪しき」となってしまうのだとつくづく思いました。
posted by のほほん at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

エコドライブ

 燃料の高騰が続いております。今朝のテレビ報道でも、サンマ漁が解禁になったものの、一斉に休漁したとのニュースが流れておりました。

 さて、私もお盆休みをとり、墓参りがてら長距離ドライブをしてきました。そこで気づいたことがあります。信号が青になり一斉に走り出すのですが、前の車の動きがやたらゆっくりなのです。3ナンバーでいかにも“走り屋”好みの車なのですが、信号の度に同じ行動をとります。どうやら燃料を節約しているらしいのです。運転しているのは若者でした。これまでには考えられない光景でした。
 高速道路も使用しましたが、車の数が少ないのは明らかでした。また、スピードもこれまでより平均10kmくらい遅いように感じました。追い越していく車ももちろんありますが、以前ほどではありません。

 ちなみに私は昨秋車を入れ替えました。排気量は1500CCの4WDで、その前の車と同じですが、低排ガス認定マークが三ツ星から四ツ星になりました。恥ずかしながら、私はこれを燃費の良さと誤解していた時期があります。それ以前は2000CCの車でしたので、1500CCにダウンしたとき、だいぶ燃費が良くなるだろうと期待しました。
 しかし、FFから4WDになったせいもあってか、遠乗りしても2000CC車とほとんど燃費は変わらず、がっかりした記憶があります。
それもそのはず「低排出ガス車」は、NOxなどの排出が少ないというだけで燃費がよいわけではないのですね。

 それはさておき、今回の長距離ドライブで周りの状況に刺激され、私も燃費を意識して走ってみようと思い立ちました。今の車はトリップメーターを切り替えると燃費が表示されます。
 ゴールデンウィークにも遠出しましたが、そのときに高速道路を結構追い抜きかけたりして走ったにもかかわらず、18km/Lを示したことに驚いた記憶もありました。先ほど述べたように以前の1500CC車はその前の2000CC車とほとんど変わらず長距離(約400Km)を走っても15km/L程度だったからです。
 そこで今回は、燃費計を見ながら走ってみました。エンジンを1500回転くらいで60km/h程度でしばらく走行すると燃費計は15km/L→16km/L→17km/Lと順調に伸びて行きました。そしてついに19km/Lになりました。

「これはまだいけそうだ」と思い慎重に運転を続けたところ、なんと20.4km/Lまでいきました。もちろんハイブリッド車にはかなわないものの、これはふた昔前の軽自動車にも匹敵する性能だと思います。
もちろんほとんど信号のない田舎道ですので、条件が良かったのは間違いありません。
 次に、自動車専用道を2000回転、80km/hくらいで走りました。それでも19km/Lは十分キープできました。私と妻と父の3人のほかに荷物も50〜60kgは積んでいたと思います。あまり期待していなかっただけに、この燃費には正直言って感動しました。意識して走ると結構燃費に差が出ることがわかりました。

 自宅に戻ってからカタログを見たところ、10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)は17.0km/Lとなっていました。なんだか得した気分になりました。
 しかし、信号の多い市街地では散々な結果です。冬道なら8km/Lを切っていたと記憶しています。今度の冬は市街地でも燃費計を意識して走ってみたいと思います。どのような値になるか楽しみです。
posted by のほほん at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

正念場

 魚が獲れません。マスコミを賑わしたように、燃料費高騰で漁業者が漁に出ることに慎重になっているということもあります。しかしそればかりではなく、実際に北海道近海の地場の漁業資源も細ってきています。また、海外のほうが品質の高い物が手に入る魚種についても、かなりの値段を提示しても売ってもらえないことも生じているようです。今日の相談も、そんな延長線上でのお話でした。

 その会社は、北海道ではお馴染みの羅臼産ホッケを加工販売しております。もちろん他にもありますが、ホッケは同社の主力商品のひとつでした。ところで今年は、羅臼近海でホッケがほとんど獲れないそうです。
 そんな中、利尻近海の比較的質の良いホッケがあるとのことで、その社長はあらゆる手を通じてなんとか確保しようとしました。すると、それまで一定の数量をまとめ買いし冷蔵庫で保管しておき、使った分ずつ支払う方法を受け入れてくれていた仕入先から、「一括前金で払ってほしい」と言われたとのこと。
 やむなく、なんとか銀行に頼みこんで融資を受け、原料魚を確保できました。もともとその会社は、既に目一杯借り入れしており、債務超過にも陥っておりました。そんな中でも金融機関は、原料魚が買えなければ営業もできなくなることに配慮し、無理を押して融資してくれたわけです。
 今回はなんとかなったものの、いずれまた原料魚を買う資金が必要になります。しかしもう、借り入れは無理でしょう。

 社長は、以前から多少取引があり、たまには経営の話もすることのあった優良企業の経営者に現状を話す機会があったようです。その際に、「出資してもよい」ような話をしてくれたことを思い出し、改めて相談に行きました。
 具体的な相談をしてから2度目の話となったとき、その経営者からいくつか条件が提示されました。減・増資して債務超過を解消すること。社長は引き続きやってもらうが、経営に当っては何事もその経営者に相談の上で決めること。これまでは製造・卸・小売を手がけてきたが、製造に特化し、販売はその経営者の会社経由で行うこと・・・などが申し渡されたそうです。
 普通に考えて、この申し出は理解できない話ではありません。増資を依頼した社長(相談者)もまだ30代の若さであり、「自分が雇われ社長になったとしても、その実力経営者の指導のもと会社を存続させ、資金のバックアップを得てさらに発展させられるなら、それでもいい」と腹を括ったそうです。

 しかしながら、その社長にはひとつだけ、どうしても心にひっかかるものがありました。もちろん、社員やこれまでの取引先、応援してくれた銀行のこともありましたが、それ以上に、創業前から十数年間、社長の相談相手となり、業況の良いときも悪いときも共に喜び共に苦しんで、親以上に親身になって支えてくれた非常勤取締役のことです。
 もちろん彼にも、この増資の話を相談しました。その<戦友>ともいうべき非常勤取締役は、「一気に減・増資して経営権を渡すのではなく、もう少し緩やかに進めてもらえないものだろうか」と言ったそうです。
 「増資を引き受けよう」と言ってくれた実力経営者は、「会社を乗っ取るつもりはない」と言っていたそうです。しかし実際には、今回の条件提示に従うならば経営権は現社長が確保できない状況となります。
 おそらく、<戦友>ともいうべき非常勤取締役は、取締役解任となることでしょう。社長としては、「自社がこうなった責任は全て自分にあるが、どうしても<戦友>の解任は受け入れ難い」と悩んでいました。

 実は私も、数年前からこの会社の状況を見聞きする機会があり、その<戦友>のことも知っていました。私は社長に言いました。「その実力経営者に、<戦友>に対する社長の気持ちをぶつけ、経営権の移管時期を少し遅らせてもらえるようお願いしてみなさい」と。
その実力経営者も創業経営者とのことなので、社長の辛さや<戦友>に対する気持ちは理解できるはずと考えました。
 社長のその懇願に対して、その実力経営者があっさりとそれを拒否するならば、いくら口では立派なことを言ったとしてもその実力経営者は「それまでの人」だと判断し、その方からの出資を受けるのはあきらめたほうが良いかもしれないと思うのです。
 社長は、吹っ切れたような顔をして帰って行きました。これから本当の正念場が始まります。それは、その実力経営者にとっても言えることかもしれません。
posted by のほほん at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

本末転倒

 7〜8年もご無沙汰だった企業から連絡が入りました。相談したいことがあるので、一度会社に来てほしいとのことです。ずいぶん久しぶりでもあり、近況も知りたくて、先週出向いてきました。
 その会社は、住宅建築などを手がけている会社でしたが、昨年後半からこの分野は耐震強度の問題で建築確認が遅れ気味などにより低迷していると聞こえていたわりには、会社に元気があるなと感じました。

 さて相談というのは、助成金申請の話です。定年を65歳以上に延長すると助成金がもらえると聞き、検討したいというのでした。
 正確には、「定年引上げ等奨励金」と言い、次の3つで構成されています。
(1)中小企業定年引上げ等奨励金
(2)70歳定年引上げ等モデル企業助成金
(3)中小企業高年齢者雇用確保実現奨励金

 このうち(1)は、65歳以上への定年の引上げ、希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入または定年の定めの廃止を実施した中小企業事業主に対して助成するというものです。引上げ年齢の違いや企業規模などに応じて、20万円から160万円までの金額が助成されます。
 また(2)は、70歳以上まで働くことができる新たな職域の拡大等を行うモデル的な取組を実施した事業主に対して助成するというもので、当該取組に要した費用の2分の1で500万円が上限となっています。
 さらに(3)ですが、これは商工会や組合等が傘下の中小企業事業主に対して高年齢者の確保措置の導入等に関する相談や指導などを実施した場合であり、対象となるのは個別の企業ではなく、事業主団体が助成を受けられるというものです。

 したがって、今回の相談で該当するのは(1)または(2)に関する取組ということなのですが、実際に助成を受けるには就業規則を変更し、定年引上げや継続雇用制度を導入したり、新たな事業分野への進出や職務の設計、高年齢者に配慮した機械設備等の購入などを行う「職域拡大等計画」を作成し認定を受ける必要があります。
 そうした説明をしたところ、「そんなに大変なのか」といった反応が返ってきました。どうやら「助成金がもらえるなら申請してみようか」といった軽い気持ちで相談されたようですが、これはあまりお勧めできません。

 「実際に必要があるから定年を引上げたい」、「長年働いてくれた社員に報いるためにも、希望するならできるだけ長く働ける職場にしたい」という考えがまずあって、「その取組をするのだが、それに要した費用の一部が助成されるなら申請しよう」というのが本来の姿です。
 「助成金がもらえるから定年引上げしよう」というのも、行政としては多少期待するところかもしれませんが、「都合の良い部分だけ取り組み、助成金をもらい、あとは知らない」ということでは本末転倒です。この会社にはそのようなお話をし、さらに検討してもらうよう告げて帰ってきました。
posted by のほほん at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。