2007年11月06日

そろばん塾開業法

 昨日行われたビジネス交流会でのお話です。相談コーナーに人のよさそうなおじいさんが立ち寄られました。そして「ちょっと教えて欲しいのだが、そろばん塾はどうやって始めればよいか?」と聞くのです。

 とっさに私は、「何か“許認可”は必要だったかな〜」と考えました。が、とくに思い当たりません。しかし、教えるとなると、ご本人はそれなりに“級”か“段”をお持ちなのだろうと思い、そのことを尋ねてみました。
 すると「何も持っていない」と言うのです。続けて、「自分がそろばんができるかどうかは問題ではない。要は、習った生徒ができるようになれば良いのだ」と言います。

 それは一つの理屈ではありますが、今ひとつ釈然としません。そこで「目標としては珠算検定に合格させるなどということではないのですか?」と訊いたところ…「別に検定は目指していない。要は脳のトレーニングになればいい」と言うのです。
 これには少々肩透かしを喰った気分でした。それならば、何もそろばんでなくても良いようにも思います。

 色々、話のやりとりがあった結果わかったことは、そのおじいさんは発明家ではないが、ご自分でオリジナルな講義法などを考えるのが好きなのだということです。それ自体がご自分の脳のトレーニングになっているのかもしれませんが、いくら話していてもビジネスとしての発想が感じられないなと思ったのも無理はない話でした。
 まるでビジネス相談の現場で出会った仙人(?)のようなおじいさんでした。久々に、“笑えそう?”なお話でした。
posted by のほほん at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。