2007年09月15日

経営指針が担保!

 「これは凄い」と思いました。融資を受ける際には、担保や保証人を求められることが一般的です。担保の場合は、土地や建物を担保とするのが通常ですが、なんと「経営指針」を担保に融資を受けられるというのです。
 『中小企業家しんぶん』というのがあるのですが、その07年9月15日号に掲載された記事でした。ご存知の方も多いと思いますが、この新聞は、“中小企業家同友会”という全国組織が発行しているものです。

 詳細を読むと、「経営指針」だけで、というわけではなさそうですが、融資審査の際には、同会の主催する各種セミナーや勉強会への出席状況、経営指針の確立・成文化の実践状況も審査の対象としているとのこと。そして経営指針を成文化している企業に対しては、利率を0.5%優遇するのだそうです。
 このような制度を取り入れたのは、宮城県の仙北信用組合です。信用組合ならでは、の地元に密着した中小企業支援姿勢であると、高く評価できます。
 こうした状況に至った背景には、もちろん地元中小企業の地道な取り組みがあったのは言うまでもありません。

 昨日書いたように、安易に補助金・助成金を頼るのではなく、しっかりと地に足の着いた企業活動をしていただき、金融機関の側もそれに応える取り組みをされた好事例と言えましょう。こうした取り組みが全国に広がることを期待したいと思います。


posted by のほほん at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。