2007年08月10日

役所への提案営業

 国家公務員を定年退職された方が相談に来られました。これまでのキャリアを活かして開業したいというのです。その人の“これまでのキャリア”とは、公共事業予算でいわゆる“ハコモノ”をつくる仕事に関わっていたことを指していました。

 彼女が言うには、「予算がついてつくることとなった“ハコモノ”の中には、結構ムダと思えるものもあった。」「その当時の罪滅ぼしではないが、“自由の身”となった今、よりムダのない予算の使い方を企画・提案する事業をしてみたい」とのこと。
 そう考えるようになった動機はこうでした。「公共事業予算は既にかなり縮減されてきているが、今後もこの方向は変わらないだろう。ところが、今後は、これまでにつくった膨大な“ハコモノ”の保全・改修が必要となってくる。どうせ改修するなら、住民のより役に立つようにアレンジすることも合わせて検討すべきではないか?そのための企画を考え、役所に提案したい」と言うのです。

 この話を聞いていてちょっと気になったのは、「このビジネスモデルは、収入源をどこに求めているのか?」ということです。
 “想い”はわかったのですが、彼女の主張を聞いているうちに、「結局、また公共事業予算を使う話ではないのか?」と感じてしまったのでした。
 従来とそう違わないビジネススタイルで行うにしても、彼女の場合は、公共事業の公募に仮に企画・提案が通ったとしても、それを実行するバックボーンがはっきりしていません。この辺りから再度、ビジネスプランの組み立て直しを検討する必要がありそうです。


posted by のほほん at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。