2007年07月12日

開店休業

 先月末に、「平成18年度商店街実態調査」の結果が発表されました。その概要は、下記をご覧ください。
http://www.meti.go.jp/press/20070629008/03_kekka_annex.pdf
 この調査では、全国の商店街で活動している組合や任意団体8000件に調査票を送付し、有効回答率は33.1%でした。

 全国にある商店街のほとんどにおいて衰退が指摘されて久しいのですが、今回の調査結果では、「衰退する恐れがある」、「衰退している」と回答した商店街は70.3%で、商圏が狭い商店街ほど厳しい状況であったとのことです。
 また、商店街の問題点としては、「魅力のある店舗が少ない(36.9%)」、「商店街活動への商業者の参加意識が低い(33.4%)」などが上位に挙げられていました。

 10年ほど前に私も、ある商店街の店を診断したことがありました。なんとその店は、その商店街組合で役員をされている方の店でしたが、正に「魅力のない店」そのものでした。
 「魅力のない店」については、決まって指摘されることがあります。例えば、
・陳列がめちゃくちゃで、どこに何があるかわからない。
・通路に商品がはみ出して置いてあり、店内を自由に買い回ることも
 できない。
・何年も前の商品が埃を被って積み上げられており、「店」というより
 は「倉庫」のようだ …等々です。

 実は私が行った店は、上記のいずれでもなく、なんと「商品がない(!)」のでした。陳列台はあるのですが、その棚がガラガラで、あちこちで棚板が見えているのです。
 べつに閉店間際で売り切れたわけではなく、そもそも仕入をしていないのでした。仕入れても売れないからとのこと。…しかし…売る物を置いていなければ、たとえお客が買いに来たとしても売上が上がるはずはありません。
 残念ながら、そのときの店舗診断は、そこの店主が望んで実施されたものではありませんでした。これ以上は、恐ろしくて書けません。


posted by のほほん at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。