2007年06月27日

毛ガニの味

 いつもの、経営がらみの話でなくて恐縮です。実は夕食で毛ガニを食べました。珍しく、家人が「買ってきた」というのです。
 実を言うと、カニは、ギフトで贈るようなとき以外買ったことはありません。でも、年に1〜2度は食べる機会があります。実家からの頂き物ですので、サイズなどを選り好みできるわけでなく、もちろん冷凍モノでした。それでも、そこそこ美味しく、とくに不満は感じていませんでした。

 しかし、今日の毛ガニは正直言って、本当に美味しかった!それもそのはず、朝オホーツク沿岸でとれたものを即ボイルし、そのまま入荷した品とのこと。オホーツク沿岸の毛ガニは、場所にもよりますが、だいたい3月〜6月が旬とされているようです。
 今日私が食べたものは、毛ガニの本場とされる雄武町産とのこと(偽装でないことを祈るばかりですが…)。

 学生時代からその後数年間、首都圏で暮らした経験がありますが、魚介類の美味しくないのには驚いた記憶があります。子供のころから北海道沿岸で獲れた魚介類を食べて育ったせいか、知らず知らずのうちに「舌が肥えていた」のだと思います。道外に出てみて初めて気づいたことでした。

 ちなみに今日の毛ガニは、「安かったから買った」とのこと。いくらだと思いますか?大きさは400gぐらいだと思います。「一杯なんと900円」だったとのこと。
 念のため、ネットで少し調べてみましたが、同程度のものは安くても1200円くらいはしているようです。
 もっとも、全く正確に比較したとは断定できませんが、食べてみての満足度が高かったことだけは断言できます。


posted by のほほん at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。