2007年06月06日

再チャレンジ支援策(その後)

 安倍内閣の目玉のひとつとして「再チャレンジ支援」が謳われ、既に2度ほど当ブログでも取り上げました。実は、再チャレンジ支援策は、「再チャレンジ支援総合プラン」としていくつかのメニューから成り立っております。
http://www.kantei.go.jp/jp/saityarenzi/061224gaiyou.pdf
 これらの中で、私の立場上関係が深く、このブログでも取り上げてきたものは、「再チャレンジする起業家等の支援策」というもので、より具体的には「再チャレンジ支援融資」ということについてでした。

 相談窓口には、結構「資金面に苦慮」されている経営者の方が来られますので、この融資にからんだ再チャレンジ支援の動向については、関心も強かったわけです。
 今日、たまたま金融関係機関の方が集まった場に出る機会があり、時間の合間に2・3の関係者に取り組み状況を尋ねてみました。
 これは、実際に国の意向を受けて貸し出しや信用保証をする現場の方達ですので、「実際のところはどうなっているのか?」が把握できると考えました。

 返ってきた答えは、あまり期待できるものではありませんでした。国の意向もわからなくはないが、現場ではかなり判断に迷っているというのが実情のようです。
 これまでにも、「それなりに」審査をして融資や保証をしてきたわけですから、「再チャレンジ」の名の下に「何でも有り」のような対応をするわけにはいかないというのです。 
 結局、これまでの融資基準を「再チャレンジ」の名の下に「どこまで緩めるか」「どこで線引きするか」がはっきりしないということのようです。

 目下、具体的な対応策を検討しており、そろそろ「上から降りてくるはず」とのことでした。現場としては、「再チャレンジ」だからと言って際限なく「焦げ付き」が発生することを許されるわけでもなく、また、この制度を「悪用」しようと考える存在に対してどう対応するかが、「まだはっきりしていない」というのが本当のところのようでした。
 「再チヤレンジ」などと言われると、どうしても期待してしまいがちですが、どうやら現実はそう「甘くはない(?)」ということかもしれません。


posted by のほほん at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。