2006年10月16日

本日は晴天なり

 今日は“開業したい”という相談を受けました。そのために車で2時間かかる町から、プレゼン用のパソコン持参でやって来られました。気象予報士の資格を生かして、地域の詳細な気象情報サービスを事業化したいというのです。
 「そういえば最近、天気予報が以前ほど当たらないように思うが、どうしてだろう?」などと、話は弾みました。しかし、問題は、このビジネスでどの程度収益が上げられるだろうか?という点です。色々なアイデアを一緒に考え、とりあえず「やるべきこと」をいくつかまとめ、実行してもらうこととしました。

 なぜかこの時、「本日は晴天なりってマイク試験のときに言うけど、あれって法律で決まっているんだよね」という声が聞こえてきました。家に戻り、ネットで調べたところ、本当でした。私は今まで知りませんでした。
 電波法第61条に基づき定められた「無線局運用規則第39条(試験電波の発射)」で規定されているのです。
 具体的な手順については、「通信用語の基礎知識(http://www.wdic.org/)」の記載を引用させていただくと・・・
  1)ただいま試験中(EX) 3回
  2)こちらは(DE) 1回
  3)自局の呼出符号 3回
  4)1分間聴取
  5)本日は晴天なり(VVV)の連続
  6)自局の呼出符号 1回
 このうち、(5)と(6)は合わせて10秒を超えないようにする
・・・とのことでした。

 なぜ、たとえ天気が悪くとも「本日は晴天なり」なのか? 元々はIt's fine today だったそうで、この英語にはマイクのテストなどに必要な発音が全て含まれているからなのだそうです。その英語をそのまま日本語に訳したため、こうなったようです。


 
posted by のほほん at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。