2006年10月14日

うれしい再会

 昨日から、北海道食品産業総合展(北海道・フードフェア2006)が行われていました。2日目の今日だけ、私は経営相談窓口を務めましたが、その合間に少し展示状況をみて回りました。
 何社か、直接知っている会社も参加していました。そのうちの一社は、それこそ15年くらい以前に、マネジメントゲーム研修を受講された会社でした。後志管内のある港町で水産加工をしている会社です。勉強熱心な社長で、夫人と一緒に研修に来られたのを記憶しております。
 当時、主力としていた地場の魚介類の水揚げが減りつつあり、事業の次の柱を何にしようかと悩んでおられたものです。

 今日、本当に久しぶりにお会いしてみてびっくり。しっかりと「次の柱」を確立され、堂々と展示即売をされていたのです。地元の歴史や文化を踏まえたオリジナルブランドを確立されていました。商品の価格は、通常の2倍以上のプライシングでした。
 社長は、「量は追わない」ときっぱり。「良さを認めてくれた人にだけ買っていただいている」とおっしゃっていました。ブランド化をはかるに際して「ほんとうに良い人のつながりに恵まれてね〜」と社長夫人。名刺からパンフレット、商品の見せ方まで行き届いた出来映えでした。
 「最初は、地元の人たちにも馬鹿にされたけど…今は認めてくれている」「皆も、もっと徹底してやるといいんだけどね…。自分も最初、ある人から、これだけの材料と自然と歴史・文化の場所で、良い物が作れないはずがない!と言われたことが理解できなかったもナー」とのこと。「昔、勉強したことは無駄でなかったヨ!」。うれしい再会でした。
posted by のほほん at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。