2006年10月11日

信号を守る鹿

 世界自然遺産に登録(2005年7月)された知床。今日はその近くの中標津町で移動経営相談会をしました。
 最初に相談に来られた人の相談は、鹿肉のハンバーガーをどう売るか?という話です。この地域は、野生動物の保護策の結果、エゾシカが増え過ぎて問題になっています。今では一定量を捕獲し、その肉を販売することも認められており、地元町の青年部の人たちが特産品開発の取り組みで鹿肉を使ったハンバーガーを作ったとのこと。試しに販売し始めたものの、なかなか順調には売れないということで相談に来られました。これぞ!というほどの名案はありませんでしたが、色々と考えつく限りのアドバイスをしました。

 そして昼休み。一緒に行った相談員が揃ったところで鹿の話になりました。ある人は、「以前に来たときに乗っていた車が鹿と衝突し、怪我をするところだった」とか。またある人が言うには、「鹿も人間の言葉がわかるらしい。鹿猟が解禁になった日からパタッと姿を見せなくなる」とのこと。そして極めつけは、「このあたりの鹿は、人間と自分たちは同じと思っている。日ごろ街中にも現れ、ちゃーんと信号を守って道路を渡る。赤信号のときは、付近のおばあさんと一緒に信号待ちしているよ」という話でした。しかしさすがに、ここまで話が飛躍すると眉唾ものですが、冗談とは思えない感じがしてくるから不思議です。
posted by のほほん at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。