2006年10月04日

モードショーと起業家

 昨日、初めてファッションショーなるものを実際に見てきました。そのきっかけは、私が講師を務めていた「創業セミナー」の受講生から、チケットが送られてきたからです。
 彼女は、自分がデザインした服を世に問うために、自費をはたいてこのショーに出品していました。最初は、彼女の作品を見終わったら、適当なタイミングで会場を後にするつもりでした。ところが、ショーはテンポ良く進められ、なかなか席を立つタイミングをつかめず、結局最後まで見てしまいました。
 初めの頃に登場したモデルさんは、歩き方が少し変でした。今思えば、出品者に頼まれた素人が、にわか仕立てのモデルとなったような感じです。その後これぞプロモデルと思われる人が優雅にステージに登場し、観客を魅了しました。
 作品を見て楽しむはずが、仕事柄の悲しい性か、そこで繰り広げられるシーンをいつの間にか「分析的」に見ている自分がいます。“あのヘアスタイルは、どうしてああでなくてはいけないんだ?”“あのスカートはやけに膨らんでいるが、あの中はどうなっているんだろう?”てな調子です。
 今日になって、招待してくれた彼女にお礼の電話をかけました。ショーの話題のあと、話は起業後の状況に及びました。「必死でデザインを考え、やっているが、売るのは簡単ではない」「自分ひとりで作っているので、大量注文には応じられない」「ネットでPRできればいいが、デザインを盗まれるのが怖い」「お店を持ちたいが、そんなお金もない」・・・。
 そこで、ふと思い出しました。1週間ほど前に相談に来られた方が話のついでに、「自分の店ではないが、移転を予定しているブティックがあり、新店舗の準備が整うまで今の店を閉めるのももったいないので、だれかに一時的に使ってもらおうかとオーナーが言っていた」というのです。
 彼女にそのことを告げ、PRになるはずだから一時だけでも借りてみたら?と勧めました。貸し出す際の条件を調べ、彼女に連絡することになりました。



posted by のほほん at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。